アラフォー男子会社員のワーク・ライフ・バランス実践記録

仕事と家庭と地域など属するコミュニティでやりがいを感じ、責任を果たせるライフスタイルの確立のための実践経験や思うところを記録するブログ

仮想通貨 日記

ビットコインが100万円を突破!

投稿日:

2017年11月26日ごろ、1ビットコインが100万円を超えた。

私が初めてビットコインを知ったときは、48,000円くらいだったと記憶している。
その後、初めて購入した時は、70,000円くらいだったと記憶しているが、
これも1年ほど前の話。

あの時、思い切ってビットコインに両替しておけば、今頃・・・すごいことになったなーと思うと、
悔しい気持ちにもなる。

とはいえ、少額とはいえ恩恵に預かれるわけなので、よしとするか。
欲張ってはいけない。
いつも上がる局面ではないので、一喜一憂してもしかたなし。

この1週間ほどで20%ほど価値が上昇。
その要因を探ってみると、ビットコインがハードウォークで分裂し、
新しく「ビットコインダイヤモンド」が誕生したとのこと。

2017年8月にもビットコインからビットコインキャッシュが誕生したばかりだが、
この時、国内の取引所は、口座に保持するビットコインと同数のビットコインキャッシュが
割り当てられた。どういうことかというと、1ビットコイン口座に持っていたら、
何もしなくても1ビットコインキャッシュがもらえたことになる。
その当時、3万円くらいだったと思うが、現在では18万円前後で推移しているので、
約6倍もの上昇があった。
これと同じことを期待した買い注文が殺到し、ビットコインが上昇したのかもしれない。

国内の取引所ではビットコインキャッシュと同様の対応をするかは不透明であるようなので、
場合により急落するかもしれない。

仮想通貨(暗号通貨)はバブル状態であることは確かであるが、日本では100万人以上が
すでに保有しているとの報道もあった。100万人といえば多いように思うが、
全人口で考えれば、普及率1%程度であり、まだまだ成長の余地があるように思う。

国内の取引所は数多くあるが、コインチェック、ビットフライヤーが使いやすい。
このチャンスに、ぜひとも口座開設して、資産構築の一つの柱にしてみてはどうだろうか。

下の図は、ここ2週間くらいのチャート図をコインチェックから抜粋したものになる。
今後もビットコインには注目していきたい。

-仮想通貨, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

暗号通貨の詳細について

2017年は仮想通貨(暗号通貨)元年と呼ばれています。 仮想通貨には、ビットコイン、リップル、イーサリアムなどさまざまな通貨があります。 本来は暗号通貨と訳すのが正しいのですが、日本では仮想通貨が一般 …

no image

リップルコインの詳細について

2017年は仮想通貨(暗号通貨)元年と呼ばれています。 リップルコインはその一つです。 2017年5月7日現在で1XRP(リップルコイン)=11円になっていますが、 今年1月ごろは0.5円程度でした。 …

no image

ビットコインの詳細について

2017年は仮想通貨(暗号通貨)元年と呼ばれています。 ビットコインはその一つで、仮想通貨の基軸通貨と呼ばれています。 国内では、2017年4月より、通貨として認められるようになりました。 私は昨年9 …

no image

仮想通貨の詳細について

2017年は仮想通貨(暗号通貨)元年と呼ばれています。 仮想通貨には、ビットコイン、リップル、イーサリアムなどさまざまな通貨があります。 仮想通貨 ランキング 仮想通貨の時価総額ランキングはcoinc …

no image

イーサリアムの詳細について

2017年は仮想通貨(暗号通貨)元年と呼ばれています。 ビットコインはその一つで、仮想通貨の基軸通貨と呼ばれています。 その一方で、ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。 ビットコインに …